あなたがた夫婦が、不妊治療におけるセカンドステップである
人工授精を受ける予定がある、あるいは現在すでに受けているのなら、
人工授精とはどういうものかを、正しく理解しておく必要があります。

人工授精とは、男性の精液をパートナーの子宮内に注入することです。
この技術はかなり古くから行なわれており、
また健康保険適用外ですが1回の人工授精にかかる費用は
およそ1.5~3万円程度。
また、この治療を受けること自体は、
体にもそんなに負担になることではありません。

この人工授精の場合でも、成功するかどうかのキー・ポイントは、
どれほど正確に排卵のタイミングにあわせて精子を注入できるかにあります。
そのために卵胞の計測や、排卵誘発剤のクロミッドを利用したりするわけですが、
それでも人工授精における妊娠率は、5~8%。
妊娠率がさほど高くないため、5回~10回程度行なうのが一般的です。


「不妊ルーム」

Comments are closed