「ストレスを少なくしましょう」という言い方をされますが、
これは実際に行うことは難しいと思います。
なぜなら、私たちは、多かれ少なかれストレスにさらされながら
生きているとも言えるからです。

しかし、不要なストレスを避けること、
そして、そして何よりも大切なのは、
ストレスは避けて通れないものと考え、
それを身体の中に溜めこまないことです。
「デトックス」(毒出し)という言葉が流行りましたが、
身体の中からストレスをできるだけ早いうちに
追い出してしまうということは、とても大切です。

私がおすすめする〝ストレスデトックス〟の方法は、
副副交感神経が優位になるような生活です。
人間のからだは、意識とは別に交感神経と
副交感神経からなる自律神経というものに支配されています。
緊張すると血圧が上がったり、心臓がドキドキするのは、
交感神経が優位になるためですし、
お風呂に入りリラックスすると心拍数が落ちるのは、
副交感神経が優位になるからです。

1日の終わりにはゆっくり入浴する、
パートナーとくつろいだ時間を持つ、
気に入ったアロマオイルを試したり、お花をかざったり……。

こうしたくつろいだ時間を持つことは、
副交感神経を高めることにつながります。
実をいうと、この自律神経の司令塔もまた、大脳の視床下部です。
したがって、副交感神経優位な生活は、
質のよい卵子が排卵されやすい生活であり、
そして妊娠に近づきやすい生活と言えるのです。


「不妊ルーム」

Comments are closed