”ピンチこそチャンス”という言葉があります。
確かに、金銭的、肉体的、精神的に大きな負担がかかる体外受精ですが、
逆手にとっての利用を考えませんか。

体外受精が視野に入ったなら、私からの大切なアドバイスは、
不妊治療とは別の婦人科のかかりつけレディースクリニックを持つということです。
あなたが小さかった時、小児科のかかりつけの先生がいましたね。
その先生にあなたのお母さんは、いろいろなことを気軽に質問しませんでしたか?

この際ですから、なんでもフランクに相談に乗ってもらえる
婦人科の先生を捜してみましょう。
この場合ドクターを巡り歩く、”ドクターショッピング”もありです。
そして必ずこうお願いをしてみましょう。
「私はこれから体外受精を受けるつもりです。
いろいろ大変だと聞いております。
先生には私の後見役になっていただけませんか?」と。
あなたの願い受け止めてくれる先生なら、間違いなく信頼できると思います。

そうした先生を見つけてから、体外受精にエントリーです。
そして、体外受精はあなたとかかりつけ先生と、
二人三脚で受けるつもりでいましょう。


「不妊ルーム」

Comments are closed