子宮卵管造影には、重要なことがあります。
それは、治療的側面が強い検査であるということです。
じっさい、子宮卵管造影の検査のあとに妊娠率がアップすることは、
よく知られています。
 
卵管が完全に閉塞しているのでなく、通りが悪い程度であれば、
この検査をしたあとで妊娠することはよくあります。
卵管の通りがよくなり、軽い癒着であれば
はがれてしまうともいわれています。
子宮卵管造影検査のあとの6か月
とくに最所の3か月は妊娠しやすいのです。
 
この子宮卵管造影の治療的側面はひじょうに大切です。
そのため初期に行われることが多い子宮卵管造影検査ですが、
なるべく妊娠しやすいタイミングで行うほうが有利です。
たとえば基礎体温表や、ホルモン検査から黄体機能不全が疑われる場合、
漢方薬、排卵誘発剤、黄体ホルモン投与などで、
身体のコンディションをよくしてからこの検査を受けると、
より妊娠しやすいと思います。


「不妊ルーム」

Comments are closed