こまえクリニック「不妊ルーム」でのフォローアップに関する質問を、
多くいただいております。
「不妊ルーム」でおこなっていることをひと言で言えば、
『内診台のない妊娠へのアプローチ』です。そうした方法で、
今日に至るまで1,919名の方が妊娠されています(2017年2月20日現在)。

「不妊ルーム」のモットーは、
”不妊治療だけが妊娠に至る道ではない”ということです。

そして、当院でのフォローアップの大きな特徴は、
漢方薬を積極的に用いることにあります。
「不妊ルーム」では、妊娠された女性の8割が、漢方薬を服用しています。
そして、適切な漢方薬を選ぶために、西洋医学的な考えで、
「採血によるホルモンチェックのデータ」と
「基礎体温表」を重視しています。

不妊治療に関する、全国的な傾向として、
年を追うごとのエントリーする女性の高齢化という事情があります。
「不妊ルーム」も例外ではありません。
現在「不妊ルーム」に通院されている方の中心は、
30代の後半~40代へ移行しつつあります。

こうした事態に対応すべく、
数年前よりDHEAという新しいサプリメントを取り入れましたが、
その効果が現れています。
DHEA導入後、37歳以上で妊娠される方が、
約2割アップしました。
そして、「不妊ルーム」で妊娠される方の7割は、不妊治療経験者です。


「不妊ルーム」

Comments are closed