「このままではお金がどんどんかさんで、
年をとっていくのかと思うと、
いてもたってもいられない気持ちになります」

体外受精を何回か受けた方からこんなメールを受け取ると、
ほんとうに気の毒になります。
体外受精を受ける人に対して、
医師は精神的フォローを行う責任があると私は思います。
しかし、健康保険適応外になるためか、
なおざりにする医師がいるのが現状です。

私は体外受精を受けている、あるいは視野に入った方のために
IVFカウンセリングをおこなっています。
体外受精を何回も受けた方とお話ししていて痛感するのは、
頭がかたくなって柔軟性を欠いているということです。
これはその方がもともと頭が固いのではなく、
状況がそのように追いやってしまっているのです。

こうした方には、体外受精するしか妊娠する方法がないと
思いこんでいる方も少なくないのです。
これから体外受精にステップアップしようという方は、
不妊治療が自分の人生にとってどのような位置づけにあるのか、
真剣に考えていただきたいと思います。

もし妊娠しなかったら、そのとき自分はどう考えるのか? 
子どものいない人生を選択する生き方もあるのではないか? 
そういうことも含めて考えてほしいのです。


「不妊ルーム」

Comments are closed