スギ花粉症のシーズン中に「薬が効かなくなった」といって、
医師のもとを訪れる鼻炎の人はたくさんいます。
こういう場合、たいてい点鼻薬の使いすぎです。
このような症状は「点鼻薬性鼻炎」などとも呼ばれます。

これと同じように、不妊治療を受けて、
不妊治療そのものがストレスになり、
不妊症をますます悪化させてしまう
「不妊治療不妊」の人がたくさんいます。

また、不妊治療を受けて、セックスレスになってしまう
カップルも少なくありません。
「不妊ルーム」のカウセリングでも、
セックスレスについての相談をたくさん受けています。

不妊治療を続けていると、夫婦生活をもつことが、
子づくりの目的のみに行われるようになりやすいということです。
このような思考が芽生えると、セックスすることを負担に感じたり、
セックスそのものを拒否することにつながってしまします。
また、排卵日のみのピンポイント・セックス
になっているカップルもよくいます。

私はこのように、不妊治療がストレスとなって、
不妊治療不妊になってしまったり、夫婦仲が悪くなったり、
セックスレスになったりといった、
不妊治療によってネガティブな状態におちいってしまうことを、
「不妊治療シンドローム」と呼んでいます。


「不妊ルーム」

Comments are closed