医療機関を受診すると言うのは、なんとなく受け身な
感じがあるのかもしれません。

不妊治療を経験された女性ならわかりますが、
不妊治療のクリニックにはある種の独特な、
何とも言えないような重苦しい空気が漂っています。

しかしものは考えようで、不妊治療と言うものを
積極的に利用すると考えてみたらどうでしょうか。
もっと言えば、妊娠力を補填するオプションだと捉えるのです。

妊娠と言うのは言うまでもなくカップルの妊娠力がベースになると思います。
しかしそれだけでは妊娠に至らない夫婦もたくさんいます。
つまり自分たちに妊娠力だけでは足りないものがあるから、
それを不妊治療という手段で、妊娠にアプローチすると考えるわけです。

そう考えればタイミング法に限らず、人工授精、
あるいは体外受精にエントリーしたとしても、
あくまで自分たちがイニシアチブを持っているという感覚を
キープできるのではないでしょうか。

同じ目標に向かって行動するのであれば、ネガティブに考えるより、
ポジティブに考えた方がより目的に近づきやすいのは、
妊娠に限ったことではありません。


「不妊ルーム」

Comments are closed