自分で自分に病名をつける必要も、自分を病人にする必要はありません。
「不妊」を複雑に考えないという以前に、
自分を不妊症と決めつけないことが第一です。

「不妊ルーム」で妊娠された女性からのメッセージです:
「不妊も自分の個性・チャームポイントと思って受け入れてみてください。
わたしは、そう気がついて気持ちが前向きになれました。」

一度、「私は不妊かしら?」と思ってしまうと、
どんどんとその疑念は大きくなりがちです。
そしてその原因を自分で探ろうとして、
不妊の深みにはまってしまう方が多いのです。
それは、ちょっと胃が痛くなると、
『家庭の医学』といった本を取り出してきて、胃がんのページを広げ、
「最近、食欲が落ちてきた
「微熱が続く」など、並んでいる項目に自分を当てはめ、
自分は「胃がん」に違いないと決め込んでしまうのにも似ています。

自分で自分を病人にするということは、日常的によくあることです。
不妊を複雑に考えないということは、
すなわち、なるべく自分を病気と考えないということ。
特に不妊は、もし二人が子供を希望してなければ、
全く医療を必要としないことも多いのですから、なおさらです。
不妊治療を受けているからといって、
自分は不妊症だと決まったわけではないと、
気持ちを前向きに持つことが大切だと思います。


「不妊ルーム」

Comments are closed