「不妊ルーム」

Archive for 2月 9, 2018

35歳からは心の妊娠適齢期!

私はアラフォーという言葉も、妊娠を望む人は使うのを
やめたほうがよいのではないかと思います。

 最近は、雑誌やインターネットなどで「アラフォー世代の妊活」
といったような言葉をしばしば目にするようになりました。
キャリアウーマンを対象にした雑誌やサイトでは、
30代後半から40代の妊娠をテーマに「アラフォー=卵子の老化」
として扱うのがミニブームになっているかのようです。

 そのような記事を読み、自分をアラフォーだと思ってしまうと、
自分の卵子は老化している、
もう体外受精しかないと思ってしまうことにもなりかねません。

 アラフォーという言葉には、30代後半を40代の気分で過ごしてしまうような、
心がネガティブにさせてしまうような、マイナスの響きがあります。

 38歳は38歳であり、それ以上でも以下でもありません。
「自分は38歳、赤ちゃんがほしいと思った今が
〝心の妊娠適齢期〟」なんだと、前向きに考えるようにしましょう。




「不妊ルーム」