「不妊ルーム」

Archive for 2月 2, 2018

不妊の悩みが多い年齢

いま、女性の出産年齢は30~35歳が最も多いということをご存知ですか? 
次いで25~29歳、35~40歳がほぼ同数で続いているのです。
このデータは第2子や第3子も含めるので当然30代が高いのですが、
第1子の出産年齢(初産年齢)の平均も30歳を超えており、
近い将来、初産年齢においても30~35歳の層が最も多くなると予想されます。

一昔前のように「女性は、20代で子どもを持つ」
という状況ではなくなってきているのです。
35歳以上の初産を、出産によるリスクが高くなる「高齢出産」などと言われますが、
これが全ての出産の20%近くなってきているのが現状です。

女性の出産年齢が高いということは、不妊のカップルの増加も意味しています。
子どもを持ちたいと思うカップルの年齢が高いほど妊娠しにくくなります。
とくに女性の年齢が35歳を超えるとその傾向は顕著になります。
その大きな理由は、卵子がエイジング(老化)するからです。




「不妊ルーム」