漢方薬の効果は、私以外にも多くの医師が経験していることですが、
「なぜ漢方薬が効くのか?」と聞かれたら、
漢方医でも西洋医学の医師でも正確には答えられないでしょう。

すべての漢方薬は、いくつもの成分が配合された合剤です。
どの成分がどのように作用するのか、ある程度はわかっていますが、
実際にはいくつもの成分が複雑にからみあって、
効果を発揮しているのです。

漢方薬は黄体機能不全などに有効なケースが多いのですが、
同じ黄体機能不全と診断された人でも、
顕著に効いて妊娠に至る人もいれば、あまり反応しない人もいます。
このへんの見極めが、医師にとって非常にむずかしいところです。
使用して効果が認められなければ、
漢方薬を変更してさらに経過を観察するというやり方が一般的です。

「不妊ルーム」で漢方薬をよく使うのは、
クロミッドなどの排卵誘発剤の併用で、相乗効果があるからです。

たとえば、排卵誘発剤のクロミッドは使用期間が長くなり、
使用量が増えるほど、頚管粘膜液の減少、
子宮内膜が薄くなるなどといった副作用が顕著になります。
そこで、漢方薬で体調をととのえ、ある程度体調がよくなったところで
排卵誘発剤を併用すると、副作用を回避しながら、
妊娠に至ることがよくあります。


「不妊ルーム」

Comments are closed