多くの生き物は単体では次の世代を残すことはできません。
二つの遺伝子が出会い、融合し、新たな生命として誕生します。
人の場合は精子は男性の体内に、卵子は女性の体内にあり、
それが出会って初めて受精の可能性が出てきます。
ですから、赤ちゃんの誕生にはセックスは欠かせないものです。
けれども、「精子と卵子の出会い」を医療がになう人工授精や、
IVF、顕微授精となると
「ノンセックスで妊娠にチャレンジ」ということになります。

 タイミング法では二人の間のセックスはとても重要でした。
精子と卵子の出会いを女性の体内で期待するため、
排卵される時期にタイミングよく触れ合う必要があったからです。
ところが、IVFでは必要なくなる。
セックスが「授かる」という意味を持たなくなってしまう。
これはある意味大変なことかもしれません。
義務的なセックスから解放されてホッとするという人もいましたが、、、。
二人の間の触れ合いという意味でのセックスまで消滅してしまっては、
たいへんです。

 IVFだからこそ、忘れて欲しくないのが、
夫婦の絆、触れ合うという行為です。
セックスには子どもを授かるという目的だけではなく、
お互いの愛を確かめるという意味合いもあるはずです。
しかし、不妊治療をしていると、
ついお互いに義務になってしまいがちです。
とてもデリケートな夫婦の触れ合いという部分に、
医師という他人が介入してくるだけに、
考え方、見かたを変えることが必要かもしれません。
「子作りには関係ないかもしれないけれど、でも…」という気持ちを、
お互いが持ち続けることが本当に大切です。


「不妊ルーム」

Comments are closed