妊娠しやすいダイエット

ダイエットに関心のない女性は、いないと思います。
しかしながら、多くの女性が理想としている体型は、
女優さんや、雑誌のグラビアなどのモデルさんだったりします。
しかし、女優さん、モデルさんたちの体型は、
私の目から見れば痩せすぎです。
もしあなたが妊娠を願うのであれば、
妊娠へアプローチしていけるダイエットを
目指していただきたいと思います。

BMI(ボディ・マス・インデックス)というのをご存知でしょうか? 
体重(kg)÷身長(m)÷身長で計算される値です。
そしてこのBMIという値が、男女ともに22が理想とされます。
なぜなら、統計的にBMI値22の人が、
最も色々な病気にかかりにくいことが知られているからです。

有名人で言えば、フィギアスケートの浅田真央さんは、
プロフィールによると、体重が46kgで身長が162cmと記されています。
計算すると、46÷1.62÷1.62で、BMIは17.5になります。
フィギアスケートにはいいのでしょうが、
少し痩せすぎという評価になるでしょう。

理想的な体型というものは、時代と共に変化します。
例えばルネサンス期のヨーロッパの絵画を思い出してください。
母親の象徴として描かれる聖母マリアは、
私達の目から見れば、ほとんどの絵画で、
少し太っていると感じるのではないでしょうか? 
レオナルド・ダ・ビンチの「モナリザ」も、
やはり痩せている風には見えません。
あの時代はあの体型が、最も美しいと考えられていたのでしょう。

もしあなたが妊娠を考えるのであれば、最も病気になりにくい、
BMIが22になるようなダイエットを心がけてみてはいがでしょうか。


「不妊ルーム」

Comments are closed