誰でも、自分の作品を褒められるのは嬉しいものですし、
ネガティブに評価されれば悲しくなります。

私の本『35歳からの妊娠スタイル』でも、
いろいろな感想メールをいただいております。
幸いなことに、そのほとんどが「おもしろかったです」
「一気に読めました」などといったものが多いのです。
そして、本の内容を具体的に評価されると、
とても報われたような気持ちになります。

「不妊ルーム」に通院されている方で、
「抽選器の話が大変良かったです。
あそこを読んで、AMH(抗ミュラー管ホルモン)のことが
本当によく理解できました」と述べてくれた方がいました。
私は、そのコメントをとてもうれしく思いました。
それは、AMHという難しい医学用語を、
どのように多くの人々にわかりやすく説明するか、苦心したからです。

ある日、家電品量販店の店頭で、抽選器で賞品を渡している光景を、
私はたまたま目にしました。
そして、「抽選器で卵子のエイジングとAMHの関係を
説明できるのではないか!」と、閃いたのです。
また、「体外受精における排卵誘発を
まぐろ漁の例え話だわかりやすかったです」
と、述べてくれた方もいました。


「不妊ルーム」

Comments are closed