44歳女性が妊娠した理由

「不妊ルーム」で、44歳の女性が妊娠されました。
彼女が妊娠に至った理由を考えてみたいと思います。

医学的な理由づけとしては、彼女は不妊治療経験がありませんでした。
ですから、hCGやhMGといった、卵子や卵巣の老化を早めてしまう
注射などが一切行われていません。
これは大変重要な点です。

その一方で、彼女は妊娠しやすい性格だったと言えると思います。
本人は年齢はもちろん自覚されていましたが、
いつも前向きで明るく、ポジティブな印象を私は受けました。
こうしたことは医学的ではない、と考える方もおられますが、
私はそうは考えません。

彼女の妊娠が分かった時、うちのクリニックのスタッフから
「とても44歳には見えない」という声が上がりました。
こうした見かけが若く見える、気持ちを若く持つことは、
副交感神経優位に働きますので、妊娠に対してもポジティブな効果がある、
私はそのように考えています。

また数年前に「不妊ルーム」の最高齢となる47歳の女性が妊娠され、
その後48歳で出産されました。
彼女もまた物事に動じない、明るい、しっかりした性格の方でした。
この女性に関しては、『35歳からの妊娠スタイル』(主婦と生活社)
に詳しく書きました。

さらに、このおふたかたに共通していることは、
周囲に対して協力的な性格であると言うことです。
「私の妊娠が皆様の励みになるのであれば、私としても大変うれしいです」
「なんとしても48歳で出産して、皆さんを元気づけたいですね」
といったコメントが印象的でした。

「不妊ルーム」のモットーは、”不妊治療だけが妊娠に至る道ではない”
ということです。


「不妊ルーム」

Comments are closed