「妊娠力」があるのに、その力をじゅうぶんに発揮できていないために、
妊娠しないカップルがたくさんいます。

私は不妊治療を否定するつもりはまったくありません。
たとえば卵管が両方とも完全に閉塞しているのなら、
自然妊娠は物理的に不可能です。
このような方は、速やかに信頼できる不妊治療の先生を紹介しています。
ですから、「不妊ルーム」へカウンセリングを受けに来られ、
産婦人科医の専門的な治療が必要であると判断して、
紹介状を書く方は大勢います。

さて、こうした大前提をふまえた上で、
「不必要な不妊治療は避けるべきだ」と、言いたいと思います。
そして、不妊治療のドアをノックする前に、
妊娠について「複雑」に考えないようにしましょうと、アドバイスしたいのです。
それは、あなたがたカップルの「妊娠力」に良い影響がないからです。
このことは、不妊治療を行っている方にも、
またこれから不妊治療にエントリーしようとする方にも、
頭の片隅に置いておいてほしいと思います。


「不妊ルーム」

Comments are closed