妊娠を呼ぶ「3つの法則」

不妊診療の現場で、最初タイミング法ということをやりますけれど、
生理開始から2週間前後に排卵しますが、その排卵する卵というのは、
卵胞という袋に入っています。卵そのものは、直径が0.1ミリ、
目に見えない位の大きさなんですけれども、
それが入っている卵胞という袋は、排卵が近づくにつれて、
日々日々大きくなっていくんです。
卵胞の直径が平均22ミリで排卵するといわれています。

ですから、経膣超音波で袋の大きさを測れば、
だいたいいつ排卵するかということが、医療側は目安がわかるわけです。
それを患者さん側に「だいたい明後日ぐらいですよ」とか、
「明日の晩じゃないですか」というメッセージをする。
それに合わせて夫婦生活をもってもらうというのが?タイミング法という、
日本中で世界中でおこなわれている方法なんです。

ところが、この方法は卵胞というものをチェックするわけですから、
医療機関、お医者さん以外はできなわけです。
ところが基礎体温表をつけるということと、
排卵日検査薬を使うということは、家庭でできるわけです。
ここに大きな大きな違いがあるわけです。

ですから、最初は自分達でやれることをやってみよう。
それでもダメだったら次に行ったらどうだろうか? 
その時に、ただがむしゃらに努力するのではなくて、
基礎体温表をつけてみる、
排卵日検査薬を併用してみるということなのです。
そして、さらに大切なのは、夫婦生活を増やすということです。
 ”妊娠を呼ぶ「3つの法則」”です。


「不妊ルーム」

Comments are closed