人工授精の憂鬱

「不妊ルーム」では、毎日いろいろな方々の相談を受けています。
そうした中でも、医療費が高額な体外受精に関する相談は、
深刻さがあります。一方、人工授精を受けている女性の相談には、
ある種の憂鬱さがあります。

それは人工授精1回当たりの妊娠率が5%~8%と、
とても低いことに起因していると思うのです。
「不妊ルーム」では、これまでに人工授精を、
20回~30回経験したという方の相談も、ときどき受けます。

人工授精を何回も受けたことがある方ならおわかりになると思いますが、
最初の2,3回は、「妊娠できるのではないか?」と期待します。
しかしこれが5,6回ともなると、気持ちが惰性的になってしまうのです。
そして人工授精が、10回を越えたあたりからは、
「妊娠なんてかすりもしない」「妊娠は別世界のこと」と、
思えてくるとおっしゃいます。

不妊治療医の中には、「人工授精で妊娠する人は3回までに妊娠する」
とか、「人工授精で妊娠する人は、タイミング法でも妊娠できる」
という言い方をする医師もいます。

人工授精を何回も経験した方の相談や、
不妊治療の医師の意見などを聞いているうちに、
私は人工授精をスルーする=”ジャンプアップ ”ということもありだと、
考えるようになったのです。

不妊治療は、人工授精から健康保険適用外の自由診療となります。
自由診療は、医師の裁量権が大きくなりますが、
そうであれば、患者サイドの意志も、
より大きく反映されていいと思うのです。
その意味からも、患者ではなく、 
”消費者 ”という自覚を持つことがとても大切だと思うのです。


「不妊ルーム」

Comments are closed