体外受精を経験された方は、AMHチェックの習慣を持つようにしましょう。
AMHは、卵胞の中の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンで、
年齢とともに原始卵胞数は減少しますから、AMHの値は、
卵巣の中に残されている卵の数の指標と考えれています。

体外受精、中でも刺激法採卵を行った場合、数多くの原始卵胞を覚醒させ、
たくさんの卵子を採ろうとします。
したがって、いちどに大量の卵胞が消費されることになります。
原始卵胞の数は増えることはなく、年齢ととともに減少していくわけです。
刺激法で採卵すれば、その減少スピードがさらに加速することが考えられます。

このようなAMHチェックの提案をするのは、何回も体外受精を経験されて、
「不妊ルーム」に相談に来られた方のAMHの値を測定してみると、
年齢より低下している方がとても多いのです。

不妊治療で、体外受精をおこなった医療機関とは別に、
かかりつけのレディースクリニックをもちましょう。
そうすれば、MHチェックも気軽に依頼できると思います。

体外受精後にAMHチェックをおこなう習慣は、
次回の治療戦略を考える上でも、自分の身体を知っておくという点からも、
本当に大切だと思います。


「不妊ルーム」

Comments are closed