不妊の原因は男性にも多い

精液検査のデータはアップダウンします
不妊の原因は男女に分けて考えると理解しやすくなります。
まず男性側の因子ですが、これも機能的因子と器質的因子に
分けて考えることができます。

機能的因子とは勃起不全(ED)に代表されるように
セックスそのものが成立しないような場合、
あるいは、セックスは成立しても射精に至らない射精不全などの場合です。
EDにおいても、一部器質的な理由でEDとなっている場合もありますが、
その90%以上は精神的なものと考えられています。

一方、器質的な因子とは精液の質の問題です。
すなわち精子の数が少ない、精子の運動率が悪い、
ということが不妊の原因になります。
男性因子は精液検査のみで、検査がほぼ完了するので、
不妊症と考えられる場合、
男性が率先して検査を受けることはとても大切なことです。

もう1点大切なことは、精液検査もストレスの影響を受けやすく、
例えば、ハードワークの状態で行った検査と
リラックスした状態で行った検査では、
後者の方が良くなる場合が多いのです。


「不妊ルーム」

Comments are closed