排卵した卵子が精子と受精できる能力を持つのは、
通常24時間以内と考えられています。
この時期にタイミングよくセックスを持った場合、
女性の膣内には通常1億~3億程度の精子が放出されることになります。
排卵する卵子は1個なのに対して、1回に放出される精子は数億個です。
ここから精子の受精に向けたいわばサバイバル・レースが始まるのです。

まず、精子は子宮の中に移動しなければならないのですが、
これも膣から子宮へ向けて時間をかけて
泳いでいくようなイメージを持つかもしれませんが、そうではないのです。
膣内は外界の微生物などから守るため、弱酸性に保たれています。
精子はタンパク質が成分であり、
酸性の環境下で長時間生存することはできないのです。
子宮はその断面をみればわかるようにスポイトの形をしていますが、
膣から子宮内への精子の移動はスポイト現象による、
いわば瞬間的な出来事なのです。
数億個の精子のうち、子宮の中へ移動できるのは通常1%以下です。

子宮にたどり着いた精子は、今度は卵管を目指し、
さらに卵管膨大部に待ち受ける卵子へと向かって進んでいきます。
通常セックスから卵管膨大部まで、
精子が辿り着くのは数十分から
数時間の程度の出来事だと考えられています。
精子の受精能力は卵子よりは長く、
通常40時間から70時間程度ですが、
中には1週間前後生存する場合もあります。

卵管膨大部で、卵子の近くまで辿り着ける精子は、
数百程度にまで淘汰されているのです。
卵管膨大部にある卵子は、卵子単独で存在するのではなく、
その周りを幾重にも卵丘細胞が卵子を守るような形で取り囲んでいいます。
精子はそうした細胞の中をかき分けるように
受精を求めてさらに突き進んでいくのです。


「不妊ルーム」

Comments are closed