ある女優さんのケースです。最初に「不妊ルーム」に来られた時は、
”女優さんしている”感じでした。高ピーというか、
”私のこと知ってるー?”って感じなのです。
そしてその方は、不妊に関係する病気が、大変な状況でもありました。
それで、「不妊ルーム」でのフォローアップは無理だと思いましたので、
すぐに不妊の先生を紹介しますと提案したのです。

ところが、彼女は、当時仕事が忙しいということで、
何とか舞台が終わるまで、ウチで面倒をみてくれないかと頼まれました。
それで、不妊治療までのつなぎとしてフォローアップしたのです。
漢方薬を処方し続けていました。
そして、しばらくして舞台が一段落したということで、
不妊の先生を紹介しました。
ところが、私から紹介を受けた担当医も、
私の紹介状と基礎体温表を見て、一言「難しい」と言ったきり、
無言になったそうです。

彼女は涙を流しながら、車を運転して帰ったそうです。
ところが、車を運転して帰ったその時、
実は彼女はすでに妊娠していたのです。
衝撃的なケースでしたから、鮮明に記憶に残っています。

その彼女が一人目の子を産んで、数年経って、
二人目が欲しいと相談に来られたのです。
こういうケース、実は「不妊ルーム」でとても増えているのですけれども。
二人目で相談に来られた時には、たいへんに穏やかな感じで、
最初に相談に来られた時とは全然別人なんですね。
「えっ、この人、本当にあの人」という感じなんですね。
スタッフも大変驚いていました。

子どもが欲しくなかった女性や、
今回のケースのようなことをよく経験します。
何が言いたいかというと、
”気持ちというのは先取りすることができない”ということなのです。
子どもには、「子ども力」とでもいうものがあって、
女性を別の人に変えてしまうのでしょう。
私は最近、つくづくそう思います。


「不妊ルーム」

Comments are closed