黄体は排卵したあとの卵胞が変化したものです。
だから卵子が成熟して、排卵まで順調に来ているのに、
黄体機能不全になることはないのではないか
と考えられるようになりました
(とてもまわりくどい表現になってしまいますが…)。

黄体そのものに問題がある黄体機能不全は
存在しないと考えられています。
こういう考え方が主流になって、
黄体機能不全に排卵誘発剤を用いるようになったのです。
さらに最近になって、黄体化未決裂卵胞(LUF)
というものがあることもわかってきました。
これは卵胞の成熟まで順調にいっているのに、
いざ排卵というときになって、
排卵しないまま黄体化してしまうことを指します。
やっかいなことに、LHサージもあり、基礎体温も二相性を示します。
黄体化未決裂卵胞は、経膣超音波検査をひじょうに入念に行って、
はじめてとらえることができます。

 不妊ではないふつうの女性でも、
10回の排卵のうち1回の割合で黄体化未決裂卵胞が
起こっているという報告もあります。
黄体機能不全には、かなりの割合で
黄体化未決裂卵胞があることもわかってきました。

 ですから、最近は、黄体機能不全に、
排卵誘発剤クロミッドを使う医療機関が増えてきました。
「不妊ルーム」でも黄体機能不全のかたが、
クロミッドで妊娠に至るという経験をよくしています。


「不妊ルーム」

Comments are closed