35歳から母親になる

数年前に「出産」を特集した雑誌で、
25歳、30歳、35歳、40歳で
それぞれ母親になった女性のコメントを見たことがありました。

それぞれの事情があって、それぞれの年齢で、
出産したのだと思いますが、その4人から、
異口同音に出てきたのが、「一番良いタイミングで母親になれた」
という言葉でした。
もっとも人はそのように思い込みたい、
という気持ちもあるのかもしれませんが、、、。
ですから、35歳以上の出産には、
色々なメリットもあると思うのです。

人生の経験値の高い女性の場合、妊娠も、
みずから望んだ時期に至っていることが多いと思うのです。
そうであれば、例えば「できちゃった婚」のように
オロオロすることもあまりないでしょう。
また、これくらいの年代であれば、女性が働いている場合、
ご主人の収入も含め、経済面でも、ゆとりを持った出産、
育児に望めるという利点があると思います。

もっとも母親になればなったで、はじめてのことで、
わからないことだらけですから、オロオロするかもしれません。
しかし、あなたの周りを見回してみれば、
すでに母親になっている友達や、女性が沢山いるわけですから、
こうした、先輩ママ達からアドバイスがもらえるのも
メリットの一つでしょう。
すでに、経験した人のアドバイスというのは、
本に書いてあることや、お医者さんの言うことより、
実感を持って受け止めることができるものです。

たしかに体力面では20代の女性にはかなわないかもしれませんが、
そうしたことは、「智恵」と「人生経験」で
充分乗り切っていけると思います。
そのためには、何より、妊娠前から、
妊娠、出産、そして長い子育てに耐えうる
健康な「身体」をつくっておくことが大切です。


「不妊ルーム」

Comments are closed