妊娠しやすい人、しにくい人

 私が「不妊ルーム」でフォローアップした方で、
妊娠する方が増えてくるにつれて感じるようになったことがあります。
女性の年齢が若く、病気の程度が軽く、治療歴が浅ければ、
妊娠に至りやすいであろうことは容易に想像できます。
しかし、最近つくづく感じるのは、妊娠しやすい心の持ち方、
しずらい心の持ち方というものがあるのではないか、ということです。

 それでは、具体的にはどのような人が妊娠しやすいのでしょうか? 
それは、「赤ちゃんができないことを深刻に受け止めていない人」、
別の言い方をすれば、
「不妊(治療)を生活のほんの一部だと上手にとらえている人」です。

 こんな印象深い方がいました。カウンセリングにこられて
イスに座るやいなや「私はそんなに子どもが欲しいとは思わないんですよ。
でも、夫が赤ちゃん、赤ちゃんとうるさいんです。
それで、背中を押されて相談に来たんです」と言いました。

しばらくフォローアップを続けたところ、
幸いにも4か月後に妊娠反応が陽性になりました。
そのことを彼女に告げると、
「そうですか。それじゃあフラメンコのレッスンはしばらくお休みですね……」
 私も少々あっけにとられましたが、
もしかしたら、このくらいあっけらかんとしているほうが、
妊娠しやすいのではないかと思うのです。

 では逆に、妊娠しづらいという人は、どのような方でしょうか?
「気持ちが前のめりになっている人」を上げることができます。
メール相談や、カウンセリングに来られる方で、
「排卵を1回も逃したくない」「今周期こそは…」と、
非常に力が入っている人がいます。
しかし、こういう方は、本人の意志とは反対に、
なかなか妊娠が難しい、という印象を私は持ちます。


「不妊ルーム」

Comments are closed