私が「不妊ルーム」で行っているフォローアップは、
言ってみれば「内診台のない不妊治療」です。
今まで、他の産婦人科で不妊治療をしてきた人たちが、
私のもとを訪れて、たくさん妊娠しているという事実は、
多くのカップルに「妊娠力」があることを物語っていると思います。

しかし、すべての人がそれだけでじゅうぶんだと言っているわけではありません。
もちろん、医療機関の助けを必要とするカップルもいます。

次に挙げるチェックリストは、不妊治療に進むべきかどうか、
ひとつの判断材料になるでしょう。

□ 基礎体温表に高温期がない(一相性)
□ 月に5、6回以上セックスをしていて、1年以上妊娠しない
□ 生理痛がひどくて会社を休むことがたびたびある
□ 生理が2ヶ月間こないことがたびたびある
□ 不正出血がひんぱんに見られる
□ 不妊治療を受けることについて、夫婦で十分に話し合い、合意している

以上の項目に該当するのであれば、
不妊治療も考えてよいと思います。

そして、不妊治療は、医療機関選びがなによりも大切なのです。
「不妊ルーム」では、8,000名以上の不妊相談の経験から、
信頼できる医療機関の紹介をおこなっております。


「不妊ルーム」

Comments are closed