私は、ホームページに次のように書いたことがありました。
「体外受精」ですか?「海外旅行」ですか? 
もしかしたら「海外受精」するかもしれません。

体外受精にかけるお金で、海外旅行に行ってみたら、
妊娠しました……こんな報告をしてくれたカップルがいたので、
このように書いてみたのです。
このフレーズに対して、
「不愉快だ、こちらは真剣なのに」と言う人もいました、、、。

不妊治療を不真面目にみているのではもちろんありません。
こういった言葉にある意味過敏に反応してしまうとすれば、
リラックスした気分で不妊治療を受けることはむずかしいものです。
妊娠しにくい心の持ち方をしているのではないかと思ってしまいます。

ですから、あなた方も肩の力を抜いて、大きく深呼吸! 
リラックスして、これからのふたりの進む道を話し合ってみてください。

「不妊ルーム」で、47歳の女性が妊娠され、48歳で出産されました。
当院最高齢です。
彼女は当院を受診されるまでに、
人工授精16回、体外受精を6回、経験されていました。
漢方薬とDHEAサプリでの妊娠でした。
私には、ある種の開き直りが、奏功したように思えるのです。


「不妊ルーム」

Comments are closed