1月7日土曜日の朝日新聞を見ておりましたら、
妊娠に関するプレ・コンセプション・ケアという記事が出ておりました。

コンセプションとは、妊娠です。
ですからプレ・コンセプション・ケアと言うのは、
「妊娠前準備」と言うことです。
私はこれを読んで、「私がいつも思っていることじゃないか」と思いました。

例えば貧血があれば、フラフラした体で妊娠を継続するのは困難でしょう。
また最近になって、甲状腺ホルモンをより厳格にコントロールすることが、
妊娠に近づく道だということがわかり始めてきました。
こうしたことにも「不妊ルーム」は、積極的に取り組んでいます。

私はかねがね、「妊娠前に丈夫な体を作りましょう」と言うことを、
皆さんに伝えてきました。

その中でも大切なのは、乳がんチェックだと考えています。
なぜなら、もし妊娠と乳がんが同居した場合、
妊娠を継続させるために分泌される黄体ホルモンや、
女性ホルモンが、乳がんの発育も促進してしまうのです。
ですから、”乳がんのない体で妊娠しましょう”ということを提唱し、
乳がんチェックに力を入れているのです。

今年はさらに一歩進めて、”力強い体で妊娠に向かっていく” をスローガンに、
「不妊ルーム」は、妊娠に取り組んでいきたいと考えています。


「不妊ルーム」

Comments are closed