「不妊ルーム」における妊娠の特徴として、
「排卵誘発剤のクロミッドと漢方薬を併用する」ことによって、
妊娠に至るケースが多いことが挙げられます。

私は、クロミッドを周期ごとに増量していくより、
「クロミッドと漢方薬を抱き合わせる」ことによって、
クロミッドの副作用をうまく回避して、
妊娠に近づけるという印象を持っています。

私は、副作用がほとんど見られず、妊娠が増えるという事実に基づいて、
今日まで漢方薬を使い続けて来ました。
「不妊ルーム」に来られる女性達が求めていることは、
〝妊娠すること〟であり、
EBM(科学的根拠に基づく医療)だけではないと、私は考えています。
ですから、私はこれからも漢方薬を使用し続けていくつもりです。


「不妊ルーム」

Comments are closed