私がカウンセリングをしたカップルで、こんな方たちがいました。
男性は、20歳のときのバイクの事故で脊髄損傷をうけ、
男性機能がいちじるしく障害を受け、
精子の数は通常の10分の1以下しかありませんでした。
しかし、幸い精子の質には問題ありませんでした。
いっぽう、女性には不妊に関する問題はありませんでした。

 計算上、このカップルは人工授精で妊娠できるぎりぎりの線でした。
それで人工授精も体外受精も行える医療機関を紹介しました。
紹介先の医療機関から、人工授精から治療を開始しますという連絡をもらい、
その後、医師、患者双方から何の連絡もありませんでした。

 それからかなりたって、ご主人のほうが風邪で来院されました。
診察のあと、さりげなく「奥さんはいかがですか?」と尋ねました。
すると「妊娠8か月です」という返事です。
「人工授精がうまくいったのですか?」と尋ねると
「紹介された病院には1回行っただけです。
家内は、そのあとすぐに自然に妊娠しました」
という答えに二度驚いたものです。
このように、妊娠しにくいと考えられるカップルでも、
自然妊娠はありえるのです。

 私は男性因子(精子検査)が正常で、女性の基礎体温が安定していて、
卵管の通過性が確認されていれば、自然妊娠はありえると思います。
不妊治療を受けているからといって、
自然妊娠の可能性がまったくないというわけではないことを、
決して忘れてはいけません。


「不妊ルーム」

Comments are closed