性急な不妊治療はNGです

妊娠とはまったく関係ない一般論を言っているように聞こえるでしょうか? 
でも、そんことはありません。
どうも私には、今どきの「急がば急げ」の不妊治療が、
生活の中から、あなたのうるおいを奪ってしまう気がしてならないのです。

■自分は不妊専門の医療機関に通っているのですが、
治療のステップアップが早そうで、
今すぐに人工授精や体外受精をすすめられたらどうしようか、
本当に悩んでいました。
先生もお忙しいせいかほとんど話を聞いてくれません。
でも、今すぐに高度生殖医療を受けるのはやめようと心に決め、
その代わり心と体を妊娠しやすい方向に持っていこう、
何も急ぐ必要はないと思ったら、なんだか気持ちがスッキリしました。■

実際、不妊治療の医療機関には、型どおりの診察と、
テンポの速いステップアップで治療を行うところが少なくないようです。
患者さんが治療のテンポについていけなかったり、
ステップアップに躊躇していることに、
先生は気付いてくれているでしょうか? 
急いだからといって、いい結果が必ず出るものではありません。
もっとじっくり、ときには回り道をすることが、
案外早道だったりするのが「妊娠」です。

「うさぎとかめ」のお話がありますが、現在の不妊治療は、
おおむね「うさぎ」のようです。
検査、治療とポンポンと前へ進んでいきます。
直線コースのレースであれば、絶対にかめはうさぎに勝てません。
ところが妊娠というのは、28~30日周期の
トラック競技のようなもの。かめがゆっくり歩いても、
走ってきたうさぎがあなたのうしろにいるかもしれません。

慌てず急がず、のんびり歩いていくことも考えてみませんか? 
うるおいのある生活を楽しむことで、気分が明るくなることのほうが、
妊娠によい効果をもたらしてくれることも多いのです!


「不妊ルーム」

Comments are closed