私の本、『35歳からの妊娠スタイル』(主婦と生活社)のテーマは、
”35歳からは心の妊娠適齢期”と考え、
ポジティブな生き方をしましょうということです。

しかし、この本を書いた大きな目的は、
不妊治療の現場で日増しに影響力が強くなっている、
AMH(抗ミュラー管ホルモン)の問題を取りあげたかったからです。

AMHというホルモンは、卵巣の中にある卵子の数の指標ですから、
女性が歳をとるにつれて、数値が下がってきます。
そして、それを引き合いに出されて、
体外受精に誘導されるケースが後を絶たないのです。
私はこうした傾向に、なんとか歯止めをかけたいと思いました。

また私には、自らが「炭鉱のカナリア」でありたいという気持ちがあります。
世の中のことに疑問を感じた時、それを素早く察知し、
必要とされている人々にアナウンスしたいのです。
私は7,400人以上の不妊相談の経験があります。
ですから、このAMH問題を、
世の中の該当する多くの女性に知らせることが、
今の私のミッションなのです。


「不妊ルーム」

Comments are closed