妊娠しない3つの理由とは

私は不妊の原因を次の3つに大別して考えると、理解しやすいと思います。

 ①精子と卵子が出会うことができない物理的な原因
 ②受精卵が着床することができないという原因
 ③女性の加齢に伴う卵子のエイジングという、生理的不妊

着床障害に関してですが、精子を取り込んだ受精卵は半ば、
女性にとって異物ともいえるのですが、
この受精卵がなぜ体内から排除されないかというメカニズムは
ほとんど全くわかっていないのです。

したがって、着床障害というのは、
ほとんど原因不明と考えていいと思います。
また卵子のエイジングに関しては、不可避的な現象でもあるわけで、
これといった有効な手だてがあるわけはありません。

したがって、不妊治療とは一言でいうなら、
①を解決すべく、「精子と卵子の距離を縮める医療」といえます。

すなわちタイミング法とは、精子と卵子が
出会う日にちをより詰めることです。
人工授精は、通常の自然妊娠であれば、
約15センチの距離を泳いでいかなければいけない精子の道のりを、
精子を子宮内に注入することによって、約半分に縮めることができます。
体外受精にあっては、シャーレの中で
限りなく精子と卵子をゼロになりますし、
顕微授精に至っては強制的にゼロにしてしまうということです。


「不妊ルーム」

Comments are closed