なぜ35歳から妊娠を考える?

「35歳からの女性を対象とした妊娠の本を書きたい」
とずっと思ってきました。
そしてその想いから3年、ようやく出版することができました。

私が、35歳からの本を書きたい、いや、書かなければと思ったのは、
何よりも「不妊ルーム」に通院されている女性の多くが、
そうした年齢層だからです。
「不妊ルーム」に限ったことではありませんが、妊娠を望む女性が、
年々高齢化していることは、御存知だと思います。

では、女性にとって、例えば35歳という年齢は、
どういう状況にあるでしょうか? 社会に出て、
職を得て仕事を行っていけば、一人前になるのには、
どんな職種であれ、当然時間がかかります。
「30歳は、あっという間の通過点だった」と、
コメントした女性もいました。ふと気が付けば、
35歳ということにならないでしょうか?
そして、35歳は、仕事というものに達成感、
充実感を覚える年齢でもあると思うのです。

これまで培ってきた仕事、人間関係でのスキル・ノウハウは、
人生の経験値として、とても貴重なものだと思います。
それを今度は、子育てにコンバートすることができれば、
また違った世界で充実感が得られると思うのです。
いわば、”人生のギアチェンジ”と言えないでしょうか?

ですから、私は、『35歳からの妊娠スタイル』は、
妊娠を望む女性の背中を押し、励まし、
希望を持てるような内容になるよう筆を進めたのです。

『35歳からの妊娠スタイル』(主婦と生活社)

http://amazon.jp/dp/4391144123


「不妊ルーム」

Comments are closed