多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、不妊に悩む女性に、
しばしば見かける病気です。卵巣のなかで卵子は成熟するのに、
卵巣の外側の膜がかたくて排卵できない、
排卵障害の代表的な病気のひとつです。

この病気をわかりやすく説明しましょう。
金魚鉢をイメージしてください。金魚鉢が卵巣で、
金魚の口からでた泡が卵胞です。
アワは水面に向かって上昇するとともに大きくなり、
水面に達するとはじけて消えます。

それがPCOSでは、アワがでても、
水面に油の膜(じっさいには卵巣の表面の膜がかたい)があって、
外に飛び出すことができない状態なのです。
このため、PCOSの方に超音波検査を行うと、
卵巣のなかに排卵できずにいる卵胞が、
たくさん並んでいるのを観察できます。
これはネックレスサインと呼ばれます。

からだはなんとか排卵させようとして、
排卵をうながす黄体形成ホルモン(LH)を常時多量に分泌します。
そのため、PCOSの女性ではLHの値が高値を示します。
また、基礎体温の乱れ、月経不順がみられます。
したがって排卵が不規則で、まったくない人もいます。
一般に肥満傾向で、多毛で低音といわれ、
男性ホルモンの分泌異常が関係しているといわれています。
しかしやせ型で、多毛などがない人もいます。

治療には排卵誘発剤が使われますが、排卵誘発剤を投与すると、
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が
通常より発症しやいですから注意が必要です。
「不妊ルーム」では、PCOSの女性に漢方薬を処方して、
排卵に至ることをしばしば経験しています。


「不妊ルーム」

Comments are closed