体外受精の医療費を考える

たとえばあなたが仕事持つ女性だとしたら、
もらったら給与には必ず明細があるはずです。
また、家を建てる場合であれば、詳細な見積書があるはずです。
しかし、体外受精に関しては、妊娠してもしなくても1回40~80万で、
これは固定だという医療機関があります。これは少しおかしな話です。

最近になって、成功報酬制を導入する医療機関が出始めました。
成功報酬制とは、うまくいったプロセスに課金するというシステムです。
胚移植までいかなければ採卵までという考えです。
一般常識からいうと、これは妥当な考え方ではないでしょうか。

体外受精の医療費について、微細な明細がないような医療機関は問題で、
もし提示がなければ、受ける側から明細を求めましょう。
その明細を見ないことには、何回までやろうということが
決められないのではないでしょうか。
受ける側が要求しても、提示を渋るような医療機関は
論外だと考えてよいと思います。

体外受精はライフプランニングであるわけですから、
何回まで受けるか、いくらまでなら大丈夫かというプログラムを、
最初にきちんとつくるのは非常に大切なことです。
医師の側からは治療を治療をストップすることはあまりなく、
医療側が止めない以上は、
自分たちが明確な方針をもって体外受精にのぞむ必要があります。


「不妊ルーム」

Comments are closed