自分は自然妊娠でいくべきか、あるいは人工授精や
体外受精を視野に入れるべきか……
こうした妊娠へのアプローチ法に関しては、女性の年齢が高くなるほど、
私は「Yの字思考」という考え方がたいせつになってくるように思います。
「Yの字思考」とは、妊娠へのアプローチにAとBの2つのルートがあった場合、
AとBのどちらのルートを進むかを早めに決定しようという考え方です。

不妊治療で医療機関を訪れた場合、
一般的にはステップアップ法という形で進んでいきます。
まず半年から1年間タイミング法を行い、それでも妊娠しなければ、
人工授精へとステップアップし、人工授精を通常5〜6回行います。
それでも妊娠しなければ、体外受精などの高度生殖医療へと
ステップアップするのが一般的なルートです。

しかし、女性の年齢が高い場合において、
たとえば人工授精に多くの時間を費やしてしまうようなことがあると、
体外受精にエントリーしても妊娠しにくくなってしまいます。
女性の年齢が高くなればなるほど、
体外受精の妊娠率が低下するという事実があるからです。

そこで「Yの字思考」という考え方がたいせつになってくるのです。
Yの字のように、ものごとの進路をAorBの両ウィングで考える――
たとえば、あなたが不妊治療を積極的に視野にいれるのであれば、
体外授精などの高度生殖医療への期間をあまり長くおかないことを指します。
通常のステップアップ療法に対して、私はジャンプアップということを、
勧めることも多くなってきました。
すなわちタイミング法が上手く行かなかったカップルに、
人工授精をスルーして、体外授精にエントリーする、
あるいは、不妊治療というものを体外授精からスタートする、
こういったやり方を、私はジャンプアップと言っています。


「不妊ルーム」

Comments are closed