二人目不妊の女性に想うこと

子供の一人目はすんなりとできたのに、二人目に苦労する場合、
通称として「二人目不妊」という言葉がしばしば用いられます。
このことをお話するには、何よりも私が行っている
「不妊ルーム」での経験をお話するのが一番良いと思います。

「不妊ルーム」を開設して5年ほど経った頃から、一人目が当院でできた方が、
二人目を希望して来られる、という人がポツポツと出始め、
それが年を追うごとに増加してきました。
最近では同じ人が再訪するということが、半ば当たり前になっています。
そして多くの場合、一人目は2〜3ヶ月で授かった人でも、
二人目で苦戦をするという人がとても増えているのです。

何故そうなってしまうのでしょうか? 
それは少し掘り下げて考えてみれば、答えは容易に出てきます。
実は二人目で再訪される人は、一人目ができて4〜5年経って
再度来院するというケースが、圧倒的に多いのです。
そうすると当然のことながら、一人目が30代半ばでできたのであれば、
二人目希望の場合は、40歳前後ということになってしまいます。
ここで”エイジングの壁”というものにぶつかってしまうのです。
そしてこうした人達は、判で押したように「もっと早く来るべきだった」と言います。

しかし子供が一人産まれると、
とてもじゃないが二人目どころではなくなってしまうわけです。
そして子供がヨチヨチ歩きを始め、やがて保育園、幼稚園などに通いだした頃に、
二人目と考えることになるからです。

さらに「不妊ルーム」での特徴としては、一人目を授かる際に、
不妊治療を経験された人は、「もう二度と不妊治療はごめんです
」というようなことも判で押したように言います。
そして子供というのは、言葉を発して自分の意志を
親に伝えることができるようになると、これもまた判で押したように
「兄弟が欲しい」と言うのです。
そしたことが「二人目不妊」という人達を増加させる要因になっています。

いずれにしても、2人目を考えるのであれば、
1人目とあまり間をあけないということは、
これからの妊娠を考えるカップルにとって、大切な知恵だと私は思います。


「不妊ルーム」

Comments are closed