男性が精液検査を拒否しているケースでは、「不妊ルーム」でも、妊娠に至るカップルは少ないという傾向があります。けれども、たしかに夫の協力は欠かせませんが、あまり無理強いするのもよくありません。その後の夫婦生活が希薄になったり、夫婦仲が悪くなるなど、妊娠を妨げることにもなりかねないからです。

どうしても男性が検査を拒む場合は、「ヒューナー(フーナー)テスト」である程度代用できます。これは別名「性交後試験」とも呼ばれています。セックスのあと、女性の子宮のなかで精子が元気かどうか調べる検査です。検査結果が良好であれば、少なくとも精子の運動率には問題がないと考えられます。

逆に、ヒューナーテストで問題があった場合は、何回か繰り返し検査する必要があります。この検査は男性のコンディションにも影響されますし、女性の頚管粘液の状態や、セックスから検査までの時間などにも影響されるからです。このことを考えると、男性の精液検査が必要なことがおわかりいただけるでしょう。

男性側の原因には、ほかにもED(勃起障害)、射精障害などがありますが、このような原因があるときは、泌尿器科で相談してみましょう。精液検査は泌尿器科でも受けることができます。

「不妊ルーム」のカウンセリングには、これから子どもを考えている方も、お気軽にどうぞ。

ご質問、ご相談がある方は、こちらのフォームから、およせください。お待ちしております。

~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~
下の【マタニティーブログ】マークのクリックをお願いします。
ブログ連載の励みになります!

にほんブログ村 マタニティーブログへ

「不妊ルームの窓から」は【日本ブログ村】に参加しています。
~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~

人気記事3つ 4月の人気記事を3つ 人気記事ベスト3

「不妊ルーム」

Comments are closed