受精が成立すると卵子は?

卵子の外側には透明帯といわれるゼリー状の膜が存在しています。卵子に辿り着いた精子はその頭部に存在するアクロシンなどの一群の酵素を分泌して、透明帯を溶かすような形で卵子内部へと向かっていくのです。そして、一番最初に辿り着いた精子のみが受精の権利を与えられます。

受精した瞬間、精子の頭部が卵丘細胞の透明体を突き抜けて卵子に到達したその瞬間に、卵子がクルクルと回転するのです。精子が卵子を回転させるのです。数億の精子のなかから、サバイバルレースに勝ち抜いた唯一の精子が、勝利の瞬間を歓喜したダンスです。これを「生命のダンス」と呼ぶ人もいます。

精子が卵子の細胞質内部に到達すると、卵子の透明帯は変性し、以後の精子を受けつけなくなります。透明帯はいわば複数の精子が入り込むのをブロックするために存在しているともいえます。

卵管膨大部で、受精が完了した卵子=受精卵は分割を繰り返しながら、3日から6日という長い時間を掛けて、ゆっくりと卵管内を子宮に向かって進み、やがて子宮内膜に辿り着くのです。そして、その瞬間が妊娠の成立です。子宮内に辿り着く頃の卵子は、分割を繰り返した結果、通常胚盤胞という状態になっています。

「不妊ルーム」のカウンセリングには、これから子どもを考えている方も、お気軽にどうぞ。

卵子を守る! 妊活レッスン

卵子を守る! 妊活レッスン (集英社)
しなやかな自然妊娠を願うすべての女性へのメッセージ

→アマゾン出版案内へ

~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~
下の【マタニティーブログ】マークのクリックをお願いします。
ブログ連載の励みになります!

にほんブログ村 マタニティーブログへ

「不妊ルームの窓から」は【日本ブログ村】に参加しています。
~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~

ご感想などは、HP「不妊ルーム」トップページ
【お問い合わせ】から、およせください。お待ちしております。

不妊ルームHPへ

人気記事3つ 3月の人気記事を3つ 人気記事ベスト3

      


「不妊ルーム」

Comments are closed