基礎体温をつけていくと、ある程度排卵日を予測できます。長い間、低温期の最後にさらに一段体温が下がる日があり(最低体温日)、この日が排卵日だとずっと考えられてきました。これは、卵巣の中で育った卵胞が破れて排卵すると卵胞は黄体というものに変化し、ここから分泌される黄体ホルモンによって体温が上昇します。ですから、この体温がいちばん下がった日を排卵日とすることは、理にかなっていました。

 ところが、経膣超音波法の登場によって、卵胞の大きさまで測定できるようになると、排卵の時期を数時間単位で予測できるようになりました。そして、実際に排卵が起こった時期を調べてみると、必ずしも最低体温日に排卵するわけではなく、むしろ、その翌日のほうが頻度が高いことがわかってきました。

 おおよその頻度を示すと、最低体温日前日5%、最低体温日22%、最低体温日翌日(低温相最終日)40%、最低体温日翌々日(高温相初日)25%です。最低体温日=排卵日という考えがまかり通っていますので、まずはこの事実を認識することが重要です。そして、最低体温日の前日からの5日間は、最も妊娠しやすい「GOLDEN 5DAYS」です。この期間のセックスの頻度を高くすると、妊娠の可能性は高まります。

レッスン: 基礎体温表によって排卵日をつかもう

「不妊ルーム」のカウンセリングには、これから子どもを考えている方も、お気軽にどうぞ。

卵子を守る! 妊活レッスン

卵子を守る! 妊活レッスン (集英社)
しなやかな自然妊娠を願うすべての女性へのメッセージ

→アマゾン出版案内へ

~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~
下の【マタニティーブログ】マークのクリックをお願いします。
ブログ連載の励みになります!

にほんブログ村 マタニティーブログへ

「不妊ルームの窓から」は【日本ブログ村】に参加しています。
~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~

ご感想などは、HP「不妊ルーム」トップページ
【お問い合わせ】から、およせください。お待ちしております。

不妊ルームHPへ

人気記事3つ 2月の人気記事を3つ 人気記事ベスト3

      


「不妊ルーム」

Comments are closed