不妊治療への性急なエントリーを避けるために、よいアドバイスがあります。基礎体温表をとりあえず2ヵ月つけてみるのです。2ヵ月あれば、ふたりの気持ちも話し合えるでしょうし、もっと気持ちを固めて治療にのぞむ準備もできるでしょう。パートナーに情報を伝え、ふたりできちんと話し合うための準備期間にもなります。

また、不妊治療を始めることになった場合でも、2ヶ月分の基礎体温表があれば、医師はその表からかなりの情報を得ることができます。さらには、基礎体温表を2ヶ月間つけることができたなら、その後もあなたはきっと継続してつけることができるでしょう。

そしてなによりも、その表によって、あなたが自分自身の体の状態をかなり客観的に知ることができます。もし、あなたの体温表が理想的な波形を示していたなら、病院に行くのはちょっとまってもよいかもしれませんね。しばらくは、自分たちの「妊娠力」を信じ、リラックスした気分で、セックスの回数を増やしてみたらいかがでしょうか。言い方を変えれば、基礎体温表をつけることなしに、自分が不妊症なのだと考えないようにしましょう。

大切なことは、基礎体温表をつけることで自分の状態を知ろうとする、積極的な姿勢です。そうすることで、たとえばタイミング法ひとつを取り上げても、ただ医師の指示があった日にセックスするのではなく、夫婦の気持ちがあった日に、いつでもステキで気持ちのいいセックスを楽しむくらいの余裕が芽生えてくるかもしれません。

「不妊ルーム」のカウンセリングには、これから子どもを考えている方も、お気軽にどうぞ。

~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~
下の【マタニティーブログ】マークをクリックしていただくと、
にほんブログ村 のマタニティーブログがたくさんご覧になれます。

にほんブログ村 マタニティーブログへ

「不妊ルームの窓から」は【日本ブログ村】に参加しています。
~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~:~*~

ご感想などは、HP「不妊ルーム」トップページ
【お問い合わせ】から、およせください。お待ちしております。

不妊ルームHPへ

人気記事3つ 12月の人気記事を3つ 人気記事ベスト3

      


「不妊ルーム」

Comments are closed