妊娠と結婚の微妙な関係

「結婚すると不妊になりやすのです」

そう言うと、ビックリする人も多いと思います。しかし、あながちウソではないのです。その理由を考えてみましょう。

一般的には1年以上妊娠に至らない状態を不妊といい、挙児を希望して患者さんが診療に来た時点で不妊症と使い分けることが多いようです。そして、私の周りを見回しても、不妊治療を止めたら妊娠したという方が多くおられますし、皆さまの周りにもそうした人がいると思います。なぜでしょうか?

二年の交際期間を経て結婚、その後二年間妊娠しない(計四年不妊)ため医療機関を受診したカップルをAとします。そして見合い結婚し、その後二年で医療機関を受診したカップルをBとします。ポイントは、いまのカップルは婚前交渉が当たり前で、結婚が性交渉が減少するきっかけになっているのです。

ですから、医療機関を受診する時点では、Aさん夫婦とBさん夫婦とでは、「不妊」の意味合いがまったく異なっているのです。しかし、どちらの夫婦も医療機関を受診すれば「不妊症」ということになります。またこれは、これまでに一度も妊娠の経験がない原発性不妊と、続発性不妊(二人目不妊)の第一子出産以降に置き換えても当てはまると思います。

「結婚すると不妊になる!」というのも、わかっていただけるのではないでしょうか。ですから解決策は、医療機関より自分たちにあることも多いのです。

★記事が印象に残りましたらクリックをお願いします。
★「不妊ルームの窓から」の【にほんブログ村】での順位がわかります。
★ブログ連載のはげみになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

ご感想などは、HP「不妊ルーム」トップページ
【お問い合わせ】から、およせください。お待ちしております。

不妊ルームHPへ

人気記事3つ 6月の人気記事を3つ 人気記事ベスト3

      


「不妊ルーム」

Comments are closed