35歳という曲がり角

遠い昔の化粧品のCMに、「25歳はお肌の曲がり角」というのがありました。これを妊娠にあてはめるなら、「35歳は妊娠の曲がり角」と言えるかもしれません。

「不妊ルーム」を開設してしばらくの間、35歳の ” 壁 ” で苦戦をしていた時期がありました。それから、私も経験を積んでいき、漢方薬を積極的に利用したこと、ブログでも取りあげているDHEAというサプリメントの使用などにより、35歳以上の妊娠も順調に伸びてゆきました。

現在の「不妊ルーム」では、女性の35歳は、 ” 壁 ” という状況ではまったくありません。しかし、それでもこの年齢を「曲がり角」と考えるのは、例えば35歳で第一子を授かった人が、二人目を希望して来院される人が急増しているからです。いわゆる ” アラフォー世代 ” になって、二人目不妊で苦労するケースを少なからず経験しています。

35歳を越えると、FSHの上昇や、DHEAの低下といった、鏡には映らない体の変化が、数値としてあらわれるようになってきます。こうした検査は、医療機関を受診して、自らチェックをお願いすることも可能です。また、自らができることとして、基礎体温表を大切にして、それを見ているだけでも、自分の体のリズムというものは、ある程度自分で知ることができます。ブライダルチェックがあるのなら、「妊活チェック」もあっていいかもしれません。

私は子供を持つということを「家族計画」ではなく、「人生計画」と考えるべきだと、皆さんに伝えています。自分やご主人の年齢、あるいは自分たちをとりまく環境、社会状況をなどを考え、これからのライフプランを立てていただきたいと思います。

ご感想などは、HP「不妊ルーム」トップページ
【お問い合わせ】から、およせください。お待ちしております。

不妊ルームHPへ

★記事が印象に残りましたらクリックをお願いします。
★ブログ連載のはげみになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

人気記事3つ 4月の人気記事を3つ 人気記事ベスト3

      


「不妊ルーム」

Comments are closed