私は先週『決定版 妊娠レッスン』(新潮文庫)を出版いたしました。

『妊娠レッスン』 (主婦と生活社)という本を、16年前に出版したのですが、
多くの読者に受け入れられ、12刷、6万部のベストセラーとなりました。
『妊娠レッスン』は、図書館、セカンドハンドで多くの女性に行き渡り、
その何十倍もの人が目を通し、多くのカップルが妊娠に至りました。

『妊娠レッスン』出版当時、本に
「現在、生まれてくる子どもの約100人に1人が
体外受精児だといわれています」と書きましたが、
現在は、20人に1人が体外受精児です。
これは、不妊治療≒体外受精となったからだと思うのです。
しかし、体外受精は医療費が、
1回あたり40~80万円、妊娠率20~25%です。

私は今こそ、基礎体温表によって妊娠を呼び込むという、
『妊娠レッスン』への回帰が必要だと考えました。
『決定版 妊娠レッスン』は、オリジナルをパワーアップさせ、
今の時代を生きる女性に沿える内容になったと思います。

『決定版 妊娠レッスン』は、『妊娠レッスン』のリニューアルではなく、
リボーン(生まれ変わり)だと私は思っています。

低価格を出版社にお願いし、470円+税になりました。
しなやかな妊娠を望むすべてのカップルに贈ります。

『決定版「妊娠レッスン』Amazon(こコピペで飛べます)

https://www.amazon.co.jp/dp/4101216169/

11月28日、新潮文庫から、
『決定版 妊娠レッスン』が出版されました。

16年前に出版した『妊娠レッスン』 (主婦と生活社)は、
幸いなことに多くの読者に受け入れられ、
12刷、6万部のベストセラーとなりました。

『妊娠レッスン』出版当時、
本に「現在、生まれてくる子どもの約100人に1人が
体外受精児だといわれています」と書きましたが、
現在は、20人に1人が体外受精児です。
しかし、体外受精は医療費が1回40~80万円、
妊娠率20~25%です。

私は今回の本を執筆するにあたって
いろいろな方々からお話しをうかがいました。
そして今こそ、基礎体温表で妊娠を呼び込むという
『妊娠レッスン』への回帰が大切だと思いました。

妊活リテラシーはこの本一冊で十分です。
しなやかな妊娠を求めるすべてのカップルに贈ります。

『決定版 妊娠レッスン』アマゾン(コピペで飛べます)

https://www.amazon.co.jp/dp/4101216169/

「不妊治療と「不妊ルーム」は何が違うのですか?」
といった質問を受けることがあります。

私は、本の中で「不妊ルーム」は、不妊治療に進む前の
”ベースキャンプ”と書いています。
また、「不妊ルーム」にみえるカップルには、
「二階建ての家をイメージしてください。
一階が自然妊娠で、二階が不妊治療、
「不妊ルーム」は、一階から二階へ上がる
階段の踊り場的な場所と考えて下さい」と説明することもあります。

もちろん「不妊ルーム」V.S. 不妊治療というふうに
対立するものではありません。
しかしながら、不妊治療は、多くの女性にとって、
アンハッピーな経験だと思います。
不妊治療を受けていた期間が、充実していたなどという声は、
聞いたことがありません。

私自身、数多くの声を耳にしていますので、
「不妊ルーム」は、”重くしない・暗くしない・軽快な雰囲気で”、
ということを心掛けています。
先日見えた方は、「お茶のお稽古に行く前に寄りました」
と言われました。
また、市内の方は、「近くまでに来たので、ついでにこまクリに来ました」
という人もいました。
そうした軽快なフットワークで、来院してもらえればと思っています。

「不妊ルーム」でおこなっていることをひと言で言えば、
『内診台のない妊娠へのアプローチ』です。

私の方は、基礎体温表をコンパスにしながら、
内科的なフォローアップで、
妊娠に近づいていって欲しいと願っています。

できちゃった結婚のカップルの話はよく耳にするのに、
自分たちは赤ちゃんができずに悩んでいる。
何か納得いかないと感じている方も多いと思います。
ちょっとその理由づけをここで考えてみましょう。
結婚すると妊娠しづらくなるひとつの理由があります。
それは、結婚するとセックスの回数が
減るカップルが多いということです。
いわゆるマンネリズムが大きな壁となっているのです。

夫婦生活は、どうしても時間の経過とともに新鮮味を失っていくものです。
新婚当初はすべてが新鮮で、うきうき弾むような幸福感があったのに、
日常生活に追われているうちに、
いつのまにかそんな新鮮な気持ちを忘れてしまいがちです。
真新しかったカーテンも、クッションも、ベッドも、
見慣れたというより、見飽きたモノになっているかもしれません。
不便ではないけれど、新鮮味のないマイホーム。
そんな空間のなかで、セックスだけは新鮮な気持ちでなんて、
やはり難しいと思います。

これを打ち破るには、意識して変化をつけていきましょう。
大げさなことをしなければいけないわけではありません。
「不妊ルーム」で妊娠された方に聞いてみると、
それはちょっとした工夫でも案外効果があったようです。
カーテンの色を変えてみる、
ベッドまわりにお気に入りのグッズを並べてみる、
髪型を変えてみる、寝室に鏡を置いてみるなどなど。
旅行に行ったら妊娠したという方がとても多いのも、
環境の変化が普段のふたりに
新鮮な空気を吹き込んでくれたからではないでしょうか。

不妊治療をやめるとき

不妊治療をいつやめるかというのは、ほんとうにむずかしい問題です。
これは、不妊治療を10年間続けた45歳の女性からのメールです。
私がメールで不妊治療からリタイアすることをすすめたことに対して、
お礼を書いてきてくれたのです。

   誰かにそう言ってほしかったのだと思います。
   ここまで治療をがんばってきた私たち夫婦には、
   とても自分たちで踏ん切りをつけることができなかったでしょう。
   ふり返れば、私たち夫婦には桜の花が美しいと感ずる
   心の余裕もありませんでした。

赤ちゃんがほしい、この切実な願いをかなえたいと
不妊治療に足を踏み入れ、身体的?神的苦痛を味わい、
経済的負担を強いられているカップルはたくさんいます。
不妊治療はオール・オア・ナッシングであり、
どんなにがんばっても赤ちゃんに恵まれないカップルはいるのです。

不妊治療を続ければ続けるほど、
赤ちゃんへの思いはつのると思いますが、
いつかは決断をしなくてはならないときもきます。

不妊は、その人の人生観にかかわる問題でもありますが、
どうしても赤ちゃんができなければ、
赤ちゃんのいる生活がすべてではないと
割り切ることも必要になってきます。
不妊治療をこれから始めるという方は、
そのことも夫婦で確認し合うことがたいせつだと思います。